アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

コラム ダイエット

アラフィフとうちゃん、初秋の丸の内をカメラ片手に歩く。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

丸の内のビル。無機質な感じが出てていいと思う。

ここのところ少し食べ過ぎ気味だったので・・・。

このままだと上限値の61kgを超えてしまう。

そんな事で、出社前の丸の内をカメラ片手に散歩することにした。

丸の内ウォーキング。リストラとうちゃんのダイエット日記。

丸の内の幾何学模様。

無機質、幾何学模様には白黒がよく似合う。

出社前の丸の内をカメラを携えてぶらぶらするのは、アラフィフとうちゃんお気に入りの行動パターン。

この辺は写真の被写体に事欠かない。

東京駅丸の内中央口から出て、会社のある大手町までは最高のフォトスポットだ。

特に秋がいい。

初秋の今の時期、この辺は歩道には早くも色付き始めている木々もある。

物思いにふけながら、これはと思った被写体をカメラに収めて行く。

丸の内なのでビルが多い。

普段は何気なく歩いているけれど、カメラを手にしているといつもとは違う目線になる。

今日は丸の内のビルと空が、幾何学模様として交じる写真を中心に撮ろうかと。

RICOHのGRⅡで、レトロと白黒のエフェクションを使って撮って見る。

写真を撮り始めると、本当に夢中になる。

今度はあそこで、次はあっちという具合に丸の内を歩き回る。

趣味の写真撮影と、ダイエットの実益。

まさに一石二鳥。

こういう楽しみがあると出社するのも苦ではなくなる。

【横浜写真館】横浜駅〜みなとみらい〜もみじ坂〜馬車道をRICOH、GR Ⅱと歩く。

新丸ビル。

新丸ビルにて。

新丸ビルの前で撮った写真。

二つある丸ビルのうち、新丸ビルの方が趣がある。

新しいのにね。

新丸ビルを見上げて撮った一枚。

なんとも言えない雰囲気がある写真が撮れた。

ビルが黒っぽい色をしているので、写真としては白黒で撮るべきだろうと。

東京駅前交差点。

静と動の静が撮れた。

東京駅前の交差点にて。

運よく、車がいない時に撮れた。

立ち並ぶビルと真っ直ぐ伸びる車線。

今日のテーマである幾何学模様の要素、満載の写真。

これは朝早い時間でないと撮れない構図だ。

早起きは三文の徳。

東京駅前交差点2。

静の中に偶然、動が入り込んだ。

道路とかビルだけだと、生活感を全く感じない写真になる。

カメラを構えていたら、偶然、後ろからランナーがフレームに入り込んできた。

これだけで全然、違う一枚になる。

丸の内ビルディング。

いや、この写真が撮れた時は本当に嬉しくなった。

思わず写真にしばし、見入ってしまった。

ビルのエントランス自体、雰囲気があるけれど、そこにガラスに映り込む風景が重なった。

色合いもいい。

幻想的ですらある。

二次元の世界に、同時にいろんな概念が入り込んだようでもある。

秩父・長瀞プチ旅行。安田屋、阿左美冷蔵に行って来たよ。

二重橋交差点にて。

モノクロの世界。祭壇のような雰囲気。

左から太陽が差して来て、白と黒のコントラストが良い感じになった。

奥に見えるビルと石造りの建造物に、そこに時代の移り変わり見える気がする。

ビルの幾何学模様。

角度を少し変えるだけで違う世界が写り込む。

丸の内から会社のある大手町方面に歩いて来た。

この辺まで来ると、さらに大きなビルが増えてくる。

空を見るとビルの直線と、それによって複雑な直線で区切られた空が見える。

角度によって空が違う形を見せる。

ピクトグラム。

あっちだよ。

アラフィフとうちゃん、ピクトグラムも好きな被写体だ。

風景と織り交ぜて写真を撮ると雰囲気のあるものが撮れる。

アスファルトのピクトグラムは白なので、写真も白黒で。

立ち食いそばの誘惑。

神田の誘惑。

写真をパシャパシャと撮りながら、丸の内から会社のある大手町の方まで歩いて来た。

時計を見ると、時刻はまだ7時前。

それでも1時間くらいは歩いた事になる。

適度に歩いて疲れたし、写真もそれなりに撮れた。

会社に行って、仕事前に少し休みたいと思ったのだけれど、生憎、事務所には7時を過ぎないと入れない。

さて、どうしようか。

少し小腹が空いたので、神田まで行って立ち食いそば(やっぱり、かめやか二葉??)でも食べようか。

一瞬、そんな迷いが頭をよぎる。

いやいや、それはイカン。

そう、今日の早朝の丸の内での撮影会はダイエットも兼ねているのだ。

1時間近く歩いて、せっかくカロリーを消費したのに。

ここで立ち食いそばを食べては元も子もない。

アラフィフとうちゃん、なんとか誘惑に打ち勝って、立ち食いそばには立ち寄らず。

会社に入れる時間になるまで、大手町のビルとビルとの間のベンチに座って、この記事を書いていた。

おすすめ記事一覧

-コラム, ダイエット
-, ,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.