アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

釣り

アラフィフとうちゃん、バス釣りでもうフロロは使わないってよ。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

原点回帰。バス釣りを始めた時に使っていたサンラインのBASSSPECIAL。

バス釣りでフロロカーボンのラインを使うのはもうヤメた。

とにかくライントラブルが多過ぎる。

昨年から始めて、約1年2ヶ月が経ったブラックバス釣り。

もう初心者の域でもあるまい、とそれまで使っていたナイロンのラインから生意気にもフロロカーボン換えた。

フロロカーボンはナイロンより強度がある。

でも、考えてみたら強度がなくて困るほど、大きなバスは釣らない(釣れない)。

フロロカーボンのラインに換えて強度はあるけれど、それと引き換えにライントラブルがメチャクチャ増えた。

アラフィフとうちゃんのバス釣り。大神スポーツ広場横。

僕は魚を釣るという事よりも、魚釣りに行く事自体が楽しいと思っている。

そんな楽しいはずの釣行で、見舞わられる思いがけないライントラブル。

全然、楽しくない。

それならば、という事で原点回帰、プライドも何も捨ててナイロンラインに戻す事にした。

繰り返すけれど、ラインに強度が必要な程、大きなブラックバスは釣れないのでナイロンでも特に問題はない。

あの人、今どきナイロンなんて使ってるよ・・・。

万が一、バス釣りポイントで他のバサーにそう思われても、どうって事ない。

人の目よりも、自分が楽しいと思えるかの方が僕にとっては重要だ。

思い返してみれば、僕の人生、そんな事の繰り返しだったかもしれない。

波乗りをしていた頃、少し上手くなったからと言って、ケリースレーターモデルの板を買った事がある。

波の上でブン回せるように細くて薄い板なので全然、浮力がない。

それまで、波の上でそれなりに板を動かせたのに、ケリースレーターモデルの板は思うように動いてくれない。

それは当然だ。

ああいう板はプロだからこそ、扱えるのである。

僕みたいな、少し波に乗れるようになって天狗になったサーファーが手を出してはいけない代物だったんだ。

今、フロロカーボンも同じだと思っている。

バス釣りを始めて、少し時間が経った。

キャストも上手くなったし、たまには釣れるようにもなった。

もう僕も初心者じゃない。

強度があった方が良いし、バスが喰った時の感度も良いし、そろそろフロロカーボンなんていいんじゃね?

そう思うようになった。

ラインって何使ってます?

バス釣りポイントで他のバサーに聞かれた時、まさかナイロンなんて言えない。

そんな虚栄心もあって、ナイロンを卒業してフロロカーボンに換えたけれど、それが過ちの始まりだった。

ルアーを投げるとラインがガイドに引っかかってモシャモシャになる。

この前のブログでも言ったけれど、それってロッドのガイドが悪いのかもしれない。

注:もちろん一番の理由は腕、なのであるが。

僕はバス釣りではアブガルシアのホーネットスティンガープラスを使っている。

バイクとか自転車でバス釣りに行くには、モバイルモデルという機能が欠かせない。

背中のリュックにコンパクトに収まるロッド。

この条件でバスロッドを探して、やっと気に入ったモデルに出会った。

だからガイドの性能が悪いという事で、この利便性を手放す事は出来ない。

注:ラインのモシャモシャ、一番の原因は「腕」である事は十分に理解している。

それならば、見栄を満たす事でしかないフロロカーボンより、巻き癖がつきにくいナイロンラインに戻せば良い事。

ズラズラと長くなったけれど、そんな事でフロロカーボンはもうヤメたのである。

フロロカーボンのモシャモシャから解放され、これからはストレスなくバス釣りを楽しみたい。

相模川のほとりにて。ブラックバスは釣れなかったけどね。

おすすめ記事一覧

-釣り
-

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.