アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

コラム バイク 釣り

グラトラで湘南へ。花水の海岸でコーヒーとipodの音楽。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

目玉ヘル(中野真矢レプリカ)、コーヒー、そしてiPod)

元サーファーなもんで。

定期的に海に行かないと、潮が切れて体の動きが悪くなる笑笑。

五十肩になったのも、ひょっとしたらそんな事が原因かもしれない。

花水のお気に入りの場所。

グラストラッカーで花水の海岸へ。

朝イチの所用を片付けた後は完全フリー。

何をして遊ぶか、考えていなかったので改めて思案する。

先週は仕事も少し、忙しくてメンタル的にも疲れ気味だった。

そんな時は、好きな場所に行ってのんびりするのが一番。

そう、アラフィフとうちゃんの好きな場所の一つには海が挙げられる。

という事でこの日はグラストラッカーで海に行く事に決定した。

海って温泉と同じくらい疲れを癒してくれると思う。

海には先週も行ったんだけどね。

アラフィフとうちゃん、SUPフィッシングデビューを果たす。

でも、その時はSUPフィッシングをしに行ったので、のんびりと言うのとは少し違う。

やっぱり海ってぼーっとして、何もしないで景色を眺めているっていうのが一番好きかも。

福岡の今宿に住んでた頃の一番の思い出と言えば、一人でよく夕方の海を眺めに行った事。

玄界灘の海に沈む夕日は今でも忘れられない思い出だ。

そんな事でグラストラッカーを引っ張り出して、湘南まで走り出した。

ここはGPZ900Rではなくて、グラストラッカー。

GPZ900Rは乗り出すのに気合がいるけど、グラストラッカーならサンダル気分で乗り出せる。

目的地は最初から決まっていた。

花水川河口の駐車場跡地。

今は自転車とかバイクが停められる、ちょっとした広場になっている。

波乗りをしていた頃は、よくここに車を停めて海に出たっけ。

グラストラッカーを停めて、コンクリートの堤防を登れば目の前には砂浜と海が広がる。

堤防の上から見える景色、左は江ノ島、右は大磯。

のんびりするには本当に良い場所だ。

ここでコーヒーを飲みながら海を眺めていると本当にリフレッシュ出来る。

ipodから流れるユーミンの海を見ていた午後。

波のサイズはもも〜腰。ちょっとダンパー気味。花水の海岸、サーファーがたくさんいた。

そう言えば、iPodって在庫限りになるらしいね。

スマホのバッテリーが減るのが嫌で、僕は昔からiPodを愛用していた。

そろそろiPodも販売中止になるという噂は昔からあったけどね。

とうとうその時が来たか、という感じ。

今、使っているiPod、大切に使わないと。

ユーミンの海を見ていた午後。

別に失恋をしたワケじゃないんだけど。

でも、海に来るとこの曲を聴きたくなる。

杏里の砂浜。

いろんなバージョンがあるけれど、一番最初の砂浜が好きだ。

砂浜を海で聞いて思い出されるのは、特に学生時代の事。

みんな、元気だろうか。

そして福山雅治の道標。

私はこの海が好きです。

この弓形に続く線路の

あなたが生まれ育った海に来ると

後悔が軽くなる気がして。

この歌詞の部分を聞くと、気仙沼とか福岡の海が思い出される。

コーヒーも飲み終わり、好きな曲を聴き終えると「よし、まだまだ頑張れる」と思えて来る。

やっぱり海っていい。

アラフィフとうちゃんの東北・気仙沼一人旅行(初日編)

栗原遊水池。久々に会った常連のバサー達。

今日は釣れなかったけれど、常連のバサーさん達と久々の再会を果たす。

海から帰って来て、夕方から今度は栗原遊水池へ。

来週も天気はあまり良くないとの事。

リモートワークの日であっても、バス釣りが出来るとは限らない。

この晴れているうちに、バス釣りを楽しんでおかなければ。

そう思って勇んで栗原遊水池に行ったのだけれど、生憎今日は全く反応がない。

偏光グラスで池の中を覗くも、小バスすら見えない。

こりゃ、今日はダメだな。

早々にそう思った。

往々にしてそういう予感は外れた事がない。

とりあえず、栗原遊水池の周りを一周してルアーを投げる。

反応がないので、今日はそれでおしまい。

でも、今日はここに来て良い事があった。

しばらく会ってなかった、常連バサーの面々との久々の再会を果たす事が出来た。

交わしたのはいつも通りの言葉だけれど、みんな元気そうでなによりだ。

おすすめ記事一覧

-コラム, バイク, 釣り
-, ,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.