アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

ダイエット

アラフィフとうちゃん、ダイエットにスムージーを取り入れる。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

小松菜、バナナ、そして豆乳入りの自家製スムージー。はちみつも少し。

ゆー、丸亀食べたいって。

夕方、かあちゃんがこう言って来た。

この間、一人で福岡に旅行に行って来たゆー。

なんでもウエストのうどんを食べて、それからというもの、今度は丸亀製麺のモードになったらしい。

晩ごはん、丸亀製麺でもいい?

ダイエット中ではあるものの、元来大食らいのアラフィフとうちゃん。

それに外食は大好きだ。

もちろんNOと言うはずがない。

アラフィフとうちゃん、ダイエット中なのに唐揚げ10個の定食を食べる。

唐揚げ10個の定食。ダイエット中じゃなかったっけ?とかあちゃんに言われた。

でも、今日はなんだかうどんっていう気分じゃない。

家族3人で晩ごはんを食べに行くというのなら、どちらかと言うと街中華とかって言うのが気分だった。

アラフィフとうちゃん、座間の中福楼でダイエット失敗する。

だけれども、そこで僕が我を通すワケには行かない。

イオン座間の丸亀製麺はフードコートに出店している。

フードコートなら自分の食べたい物を選べる。

丸亀製麺に向かったかあちゃんとゆーと別れて、アラフィフとうちゃん、一人でフードコートをブラブラとしていた。

お、なんかここ、良さげじゃん。

と、覗き込んだお店で目に止まったのは唐揚げ定食。

鳥の唐揚げ、6個、9個、そして10個と選べるようだ。

一応、ダイエット中を公言しているアラフィフとうちゃんなのだけれど、ここは躊躇せず10個をオーダーしてしまった。

元来、大食いでこういう時に、自分を抑え切れないと言うか、素が出てしまう・・・汗

出て来た唐揚げ定食、ご覧のとおり。

生ビールも頼んだのだけれど、これは最初から一杯で足りる訳がないという事がすぐに予想出来た。

まあ、最近、少し痩せ過ぎていたからいいか。

シャツは少しダボダボっぽくなって来たし。

ジーンズとかパンツはウエストが緩くて、少しシルエットがカッコ悪い感じになって来た。

ちょっと1キロ位、太った方が体重としてはベストかもしれない。

そう自分に言い訳をして、唐揚げ定食、美味しく平らげた。

スームージーダイエット、明日から始めようかと。

スムージーはミキサーで作る。食物繊維も一緒に摂れるよ。

と、大食いをしておいてなんなんだけど。

明日の出社日には家でスムージーを作って持っていこうかと思っている。

ダイエット目的というのが、一番の目的ではある。

けれど隠れた目的はお小遣いをセーブしたいという事。

いつも出社日には、コンビニでおにぎり一個とスムージーやら野菜ジュースを買っている。

これ、量はそんなにないのにそれなりのお値段。

特に野菜ジュース、ね。

物によってはグラス1杯くらいの量で200円以上もする。

おにぎりを合わせると、400〜500円くらいかかる事も。

なんだ、立ち食いそば、食べられるじゃん・・・。

アラフィフとうちゃん、立ち食いそば絶ってるよ。

(食べないけどね)

で、アラフィフとうちゃん、いろいろと考えた。

野菜ジュースとかスムージー、大きいやつを買って会社に持っていけば?

幸い、会社には冷蔵庫もあるし。

大きいやつをスーパーで買って持っていけば、コンビニで小さいやつを買うより全然安いし。

ん、でも待てよ・・・。

冷蔵庫にアラフィフとうちゃんの名前を書いて、入れておくといろいろと言われるかもしれない。

あのおじさん、あの年齢でダイエット??

とかってね。

う〜ん、どうしよう??

そこでひらめいたのが、スムージーを作って家から持っていく事。

サーモスの水筒に一食分を入れて会社に持って、冷蔵庫に入れておけばランチタイムには冷えたスムージーを飲む事が出来る。

そうだ、それがいい。

スムージーを家から持って行けば、その分だけお小遣いを浮かせる事が出来る。

幸い、かあちゃんにそれを言っても、スムージーの食材代をお小遣いから差し引くとか、鬼のような事は今のところ言われていない。

という訳で明日から、アラフィフとうちゃんはスムージーダイエットなのである。

これでカロリーをセーブした分、体重調整のために立ち食いそばを少しは食べちゃっても良いかもしれない。

それに浮いたお小遣いで、バスとかSUPフィッシングのルアーも買えるだろうし。

そんな事でアラフィフとうちゃん、明日から新しいダイエットの境地を開く事にした。

おすすめ記事一覧

-ダイエット
-

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.