アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

コラム

アラフィフとうちゃんの東北・気仙沼一人旅行(最終日)

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

岩井崎の海岸を朝ごはん前にウォーキング。最高に気持ちいい。

東北、気仙沼への旅行もいよいよ最終日。

今日は何をするという予定も特になく、思いつくままぶらぶらしようかと。

と言っても、電車の時間があるんであまり遊べないのだけれども涙。

岩井崎、早朝散歩&沖見屋さんの朝ごはん。

海を眺めながら五十肩のストレッチをしていたよ。

早朝から起きて、沖見屋さん近くの岩井崎を散歩。

ここ、岩井崎は早朝の時間が一番好きだったりする。

父親が在りし日、ここを孫のゆーが車椅子を押して散歩をした思い出もある。

あれからずいぶんと時間が経ったものだ。

自分も変わったし、家族も変わった(一家離散したという事じゃないよ)。

これからどう変わるのだろう?

海を眺めながら、いろんな事を考えた。

さて、今回の旅行での楽しみの一つでもある沖見屋さんの朝ごはん。

旅館の朝ごはんって美味しいものと相場は決まっている。

けれど、その中でも沖見屋さんの朝ごはんは格別だ。

海を見ながら食べると、幸せな気分になれたりもするし。

今朝のごはんはこんなに盛りだくさん。

  • 塩鮭
  • 塩辛
  • 笹かまぼこ
  • 辛子明太子
  • 温泉卵
  • 焼き海苔
  • 納豆
  • さつま芋の甘露煮
ごはん、もちろんお代わりしたよ。

もう、ごはん一杯ではこのおかずは食べきれない。

当然、白飯、二杯を平らげた。

朝ごはんにこれだけ食べたのは本当に久しぶりだ・・・。

岩井崎〜お伊勢浜。

お伊勢浜から岩井崎を望む。

朝ごはんを食べて、早々に沖見屋さんをチェックアウト。

少し海岸線を歩いて見ることにした。

今まで、お伊勢浜から岩井崎までは車で移動していた。

けれど、今は護岸工事もほとんど終わっていて、海岸線を辿れば岩井崎とお伊勢浜は歩いて行ける距離にある。

途中、震災伝承館がある。

ここは旧気仙沼向陽高校の跡地だ。

生憎、この日は開館前。

今回は立ち寄りはしなかったけれど、いつか行ってみようと思う。

岩井崎からお伊勢浜まで、歩いて向かうとアラフィフの僕にはちょうど良い運動になる。

今日は昨日と違って、風も弱い。

しばらくベンチに座って穏やかなお伊勢浜の海を眺めていた。

すると、そこにやって来た地元の人に声をかけられ、しばし話し込む。

不思議なくらい、おじさんとの間に壁を感じない。

会話の内容は他愛もない事ばかりだけれど、何か、お伊勢浜で人と話が出来たことにほっとした。

さて、そうこうしていると、そろそろ気仙沼駅に向かった方が良い頃になる。

おじさんに別れを告げると、またおいでと言われた。

ああ、東京の人だったら初めて会った人にまたおいで、とは言わないよなと思うと、これまたジンと来た。

気仙沼〜一ノ関、そして東京へ帰還。

大船渡線。なんだかホッとした笑

いよいよ気仙沼を離れる。

気仙沼から一ノ関に向かう列車、帰りは普通の大船渡線だ。

これはかなりホッとした。

自宅に帰って来て思ったのだけれど、この帰りの大船渡線の車内が、新幹線に比べても一番快適だったかもしれない。

行きはそんな余裕はなかった。

けれど帰りは大船渡線からの長閑な車窓をゆっくりと楽しんだ。

今朝、沖見屋さんで朝ごはんをかなり食べた。

だから、全然お腹が空かない。

そんな状態だったのだけれど、帰路には一つ、楽しみにしていた事があった。

福島駅にある松月庵という立ち食いそば屋さん。

ここ、立ち食いそば好きの間では有名なお店だ。

福島駅、立ち食いそばの名店、松月庵。

福島駅では乗り換える新幹線の時間まで、かなり余裕がある。

なのでゆっくりと松月庵のそばを楽しめるだろうな、と。

ところが、である。

いざ、松月庵の前に辿り着くと、お店の入り口には一枚の貼り紙が・・・。

閉店時間15:00

マジでえっ〜!!って感じ。

あと10分、早く着いていれば。

(仙台から乗った東北本線の臨時列車、線路への人の立ち入りで10分遅れた汗)

というか、終わる時間、早すぎじゃね?

もういろんな想いが次から次へと込み上げて来る。

しばらくお店の前で途方に暮れていたのだけれど、どんなに考えても仕方ない。

やり切れない想いを落ち着かせるために、何処でも食べられるマックに入った。

これ以降、ブログでお話し出来るネタはないので、今日はもう寝る事にした笑汗怒。

おすすめ記事一覧

-コラム
-

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.