アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

コラム ダイエット

アラフィフとうちゃんのダイエット。春のコーデを仕入れに行く。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

来週から暖かくなるらしい。

今日は銀座、表参道に行って来た。

会社に来て行く服を仕入れに行って来たよ。

春はすぐそこ。

リストラとうちゃん、明日からドレスフリーだってよ。

ビームスでジャケット、表参道で桃太郎ジーンズ。

アラフィフとうちゃんの勤める会社、去年からドレスフリーになった。

最初の頃はそれでもスーツを着て来る人の方が多かったけどね。

でも、今は非スーツの人が多数って感じ。

僕もどちらかと言うと、スーツで会社に行く事が多かった。

けれど、職場でスーツを着ていると、最近では少し自分が浮いてるんじゃね?と感じるようになって来た。

一応、自分ではまだまだ気持ちは若いつもりでいる笑笑。

春も近いし、薄手のコーデを仕入れに行こうかと。

ネットで前々からビームスのサイトをチェックしていたのだけれど、そこで良さげなテーラードジャケットを発見。

このジャケ、ジーンズに合わせたらカッコいいな・・・。

そのジャケに合わせるのは、前々から気になっていた桃太郎ジーンズ。

高校生の頃からジーンズはほぼ、リーバイス501XXしか履いた事がない僕にとっては、桃太郎ジーンズをGETすると言うのはかなりエポックメイキングな出来事かもしれない。

まあ、これでコーデの幅も広がるしものは試し、だ。

テーラードジャケットは銀座のビームス。

そこでジャケットをチェックして気に入ったら、今度はそれに合わせるジーンズを表参道にあるお店まで買いに行く。

そんな事で、今日の休日は東京まで一人で出掛けた次第。

ビームスのジャケット、Mサイズを買ったのだけれど・・・。

地下鉄を乗り継いで銀座へ。

ビームスの店内でお目当てのジャケットを物色したのだけれど、見当たらない。

ネットでは銀座店に在庫があると書いてあったのに・・・。

仕方ないので店員さんに尋ねると、在庫はあるらしく、奥の方から持って来てくれた。

早速、試着してみる。

・・・。

若干、腹回りがキツい。

それ以外は問題ない。

着丈も肩幅もフィットしている。

けれど、腹回りだけが少しキツいのが気になる。

普段はボタン、留めて着ますか?

店員さんがアラフィフとうちゃんにそう聞いて来た。

それって、店員さんにも腹回りがキツいように見えるって事だね??

いや、このジャケットはジーンズに合わせようと思ってるので、ボタンは留めないで着るつもりです。

とりあえず、そう答えた。

正直、この時点でかなり迷った・・・。

デザイン、色使い、このジャケ、全て僕好みだ。

明るめの色使いなので、春に着るにはちょうどいい。

けれど、ボタンを留めると腹回りが少しキツくなる・・・。

どうしよう?

そうですね、ボタンを留めないのなら、フィット感はいいので良いんじゃないですか?

迷いに迷っているアラフィフとうちゃんに、店員さんが言い放ったその一言で、背中を押されてしまった。

じゃ、これお願いします・・・。

春に着るジャケだし、ジーンズに合わせるのだから前のボタンは留めないし、まあ、いいか。

そう自分に言い聞かせて、お会計を済ませ、今度は桃太郎ジーンズのお店のある表参道に向かう。

桃太郎ジーンズ、ウエストは32インチ。

桃太郎ジーンズ、目星を付けていたのはビンテージのスリムストレート。

太過ぎず、細過ぎずといったストレートのジーンズで、職場に着て行くには最適だ。

ウエストのサイズはどれくらいですか?

店員さんにそう聞かれて、リーバイスの501XXでは33インチを履いてますと答える。

そうして店員さんが僕に持って来てくれたのは、34インチのジーンズだった。

とりあえず、差し出されたジーンズを履いてみるのだけれど、シルエットが思ったほどスッキリしていない。

サイズ、落としてもいいかもしれませんね。

34インチのジーンズを履いたアラフィフとうちゃんを見て、店員さんがそう言う。

そこで33インチの物を履いたのだけれど、それでも太い。

なんか、この時、自分の体型って、実は痩せてるのか??と錯覚に陥ったくらいだ。

(これがこの後、大いに勘違い、錯覚以外のなにものでもないと思い知る事になる)

で、結局は32インチのサイズに落ち着いた。

桃太郎ジーンズ、裾上げはチェーンステッチで仕上げてくれる。

裾上げに要する時間は1時間30分くらいとの事。

1時間半・・・。

微妙な時間だ。

後日、取りに来るのは面倒だし、どこかで時間を潰すか。

お店を出て目の前の246号線でしばらく立ち尽くす。

さて、どうする??

スタバ、マック、ドトール。

表参道なので、その手のお店に困る事はない。

けれどカフェで1時間半と言うのは少しキツい。

そんな時、ふと思い付いたのが青山にあるホンダのギャラリーだ。

スマホを取り出して、今、僕がいる所から徒歩で向かった場合の時間を確認してみる。

20分ちょっとか・・・。

往復する時間とギャラリーを見学する時間を考えたらちょうどいい。

今日の天気予報では寒い1日という事だった。

けれど、20分歩いて表参道から青山一丁目まで向かうと、結構な汗をかく。

まあ、ダイエットを兼ねてちょうど良いか。

ホンダのギャラリーには2台のフォーミュラマシンが展示されている。

期待していたバイクは、今日はあまり展示がない。

そんな中でもCB350が展示されていて、これがなかなか良い。

サイズ感もいいし、クラシックな雰囲気もカッコいい。

そう見入っていると、スマホが鳴って裾上げが出来ました、との事。

一時間半という事だったけれど、思いのほか、早かったね・・・。

ホンダのギャラリー、もう少しゆっくりと見たかったのだけれど、せっかく早く仕上げてくれた事でもあるし、そのまますぐにお店の方に向かった。

桃太郎ジーンズで裾上げをしたジーンズを試し履きしたけれど、仕上がりは問題ない出来だ。

ダイエット、マジで必須かも汗。

それにしても表参道とか青山辺りって、いかにも東京っていう人が多いね。

女の子なんか、モデルかってレベルの子ばっか歩いてるし。

そんな表参道を歩いていると、完全にアラフィフとうちゃんはお上りさんになってしまった笑。

自宅のある小田急線の相武台前駅に着くと、とりあえず、ホッとした。

やっぱり僕は座間の方がいいや笑笑。

自宅で桃太郎ジーンズを履いてみた。

(ジャケットは袖丈を詰めるので、後日、郵送してもらう事になっている)

そして別のジャケットを羽織って、その姿をかあちゃんに見せるとしばらく無言の時間が続く。

とうちゃん、とりあえずダイエットは必須だね・・・。

そして、かあちゃんがアラフィフとうちゃんに言い放った一言。

そんな言葉が僕の胸にグサリと刺さる。

いや、刺さったのは胸ではなくて、腹回りかもしれない。

ウエストを32インチにした事で、腹の肉が思いっきりジーンズの腰上に乗っかっている。

この事は僕も家に帰って来てから気が付いた。

買ったばっかりのジーンズなのに。

もうそのビジュアルはダイエットをしないといけないレベルか。

アラフィフとうちゃん、マジで腹を括って痩せないといけないかもしれない。

春、近し。

アラフィフとうちゃん、ダイエット敗北宣言。

おすすめ記事一覧

-コラム, ダイエット
-,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.