アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

コラム

我が青春のウエストサイドストーリー。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スティーブンスピルバーグのウエストサイドストーリー。

最初、スピルバーグがウエストサイドストーリーをリメイクすると聞いた時は本当に驚いた。

もちろん、観に行くしかないよね、これは。

TONIGHT、マリア、そしてアメリカ。

自宅近くのイオンモール座間。

ここ、後付けで映画館が出来たので、本当に便利だ。

今まで映画を観に行くとなると、海老名か新百合ヶ丘、はたまた横浜まで出掛ける必要があった。

それが今では自宅からてくてく、歩いて行ける距離に映画館がある。

今回のウエストサイドストーリーも、もちろんイオンモール座間で鑑賞。

イオンモール座間に映画館が出来て、ほぼ同時にコロナ禍が始まった感がある。

だから、僕もこの映画館に行くのは今回が初めてだ。

イオンの映画館はアラフィフには実に優しい。

夫婦どちらかが50歳以上だと、二人共、一人1,100円で映画が観れる。

今では普通に映画を観ると、1人1,800円もするのだからこの制度はなんとも有難い限りだ。

ウエストサイドストーリーと言えば、なんと言ってもTONIGHT。

オリジナルももちろん、DVDで何度も観た。

そしてスピルバーグのウエストサイドストーリーのTONIGHTも鳥肌ものだ。

やっぱり映画館でフルスクリーン、そして大音響で鑑賞すると迫力が違う。

なんか、映画で感動したのは本当に久しぶりだ。

ウエストサイドストーリー、他にも好きな曲がある。

アメリカ、そしてマリア・・・。

スクリーンを観ていると、高校生の頃を思い出してしまった。

ブラスバンドで演奏したウエストサイドストーリー。

実は高校生の頃、少しだけブラスバンドに所属した事がある。

中学、高校と波乗りをやっていたのだけれど、兄の影響で少しだけバンドもかじっていた。

楽器は兄から借りたベース。

ベースを練習していたら、なんとなくウッドベースもいじってみたくなった。

そこで高校のブラスバンド部に顔を出したのだけれど、成り行きで入部する事に。

入部したのが秋の定期演奏会の前で、すぐに僕も連日連夜の練習に参加した。

もともとエレキベースは弾けたので、コントラバスも難なく弾くことが出来た。

弓を使っての演奏もね。

この時、練習したのがウエストサイドストーリーの名曲の数々。

最初はウエストサイドストーリーなんて知らなかったし、吹奏楽部に入部した目的もウッドベースを弾きたいからという邪道なもの。

正直に言うと、練習も最初の頃はそんなに真剣にやっていなかった。

なんだ、ウッドベースって思ったより簡単じゃん・・・って思ってた所があったし。

けれど、吹奏楽部のどの先輩、同級生(当時、高一だったので下級生はいなかった)も演奏会に向けて一生懸命練習をしている。

それにつられて僕も、だんだんと演奏曲の練習にきちんと取り組むようになった。

今でも覚えているけれど、演奏会本番は本当に感動ものだった。

演奏会をした公会堂に、自分達が奏でているTONIGHTが響き渡る。

そして演奏が終わると、観客席から僕らに向けて拍手が沸き起こる。

この時は、バンド演奏の時とはちょっと違う感動を感じたものだ。

ウエストサイドストーリーが僕にとって思い出深いものになったのは、こうした経緯があったから。

でも、もう一つ、理由があった。

最初は軽い気持ちで入部したブラスバンド部だったけれど、そこで一つ学年が上の彼女が出来た。

彼女の担当はクラリネット。

そして僕はウッドベースを弾いて、一緒にウエストサイドストーリーを演奏した。

そりゃ、忘れられない思い出にもなるよね。

風の噂では、その彼女は今はロンドンに住んでいるらしい。

スピルバーグのウエストサイドストーリー、ロンドンでもきっと封切りになっているはず。

僕の事を少しでも思い出してくれていないかな・・・なんて思っていたりする。

おすすめ記事一覧

-コラム
-

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.