アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

バイク 座間

アラフィフとうちゃん、親子ツーリングに行く@宮ヶ瀬。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今度の日曜日、バイクで走りに行かない?

高二男子、一人息子のゆーがこんな事を言って来た。

もちろん、とうちゃんとして断るはずもない。

バイク乗りの父親として、子供とのツーリングって、何度行ってもいいものだ。

親子ツーリング。湘南?横浜?結局は宮ヶ瀬に。

行き先は日曜日の天気(気温)と道路の混み具合を見て、決める事にしていた。

ゆーは一応(と言うか、立派な)バイク初心者である。

道先案内人として、安全な目的地を設定してあげたい。

それと、アラフィフとうちゃんの都合で言うと、なるべく渋滞していないルート。

渋滞が酷いと、クラッチを握る左手が悲鳴を上げる。

それに何より、走っていて全然面白くない。

途中の道路の空き具合という点では、やっぱり宮ヶ瀬が一番。

けれど、真冬の気温が低い日は、やっぱり路面の凍結が怖い。

RCMのGPZ900Rで転んだら泣くに泣けないし、ゆーが転ぶと言うのは何としても避けなければ。

なので、ゆーとの親子ツーリングは湘南に行く予定だった。

座間から海老名を抜けて寒川、そして茅ヶ崎。

そのまま134号線を走って、江ノ島まで。

江ノ島にバイクを停めて、コーヒーで暖を取る。

こんなルートを考えていた。

家からグラトラで出て、GPZ900Rを保管している自宅近くのガレージへ向かう。

この時点までは、まだまだ湘南に向かう予定だった。

でも、GPZ900Rとグラトラで走り出すと、すぐに道路の交通量の多さに気が付いた。

この調子じゃ134号線も渋滞だろうな・・・。

一方で、思っていたほど寒くはない(座間の話)。

これなら宮ヶ瀬に行っても、路面が凍ってる事はないだろう。

宮ヶ瀬に向かう道を走っていて、対向車線をバイクが全然走っていないようなら、その時点で引き返せばいい。

そんな事で急遽、目的地は湘南から宮ヶ瀬に変更した。

親子ツーリング。GPZ-Rとグラトラで走って来たよ。

親子ツーリング、今度はいつ行けるかな??

考えてみたら、ゆーとの親子ツーリングは実に2ヶ月ぶりかな?

冬休みは塾の冬季講習があったし、年が明けたら学校の試験もあったし、親としてはなかなかツーリングに行こうとは誘えない。

一方で春になればゆーは高校三年生だ。

受験が始まるので、バイクでのツーリングなんか、ますます誘えなくなる。

だから、ゆーと二人で走りに行く事なんて、ひょっとしたらもうないんじゃないだろうか??とさえ、考えていたくらいだ。

それが思いもよらずゆーの方から誘ってくれたもんだから、とうちゃんとしては嬉しい事、この上ない。

宮ヶ瀬への道のりは、僕がGPZ900Rでゆーを先導する。

一応、バイク初心者のゆーに合わせて、速度は40kmとか(もちろん法定速度が上限)その位で走る。

チラチラとバックミラーを見て、ちゃんとゆーがついて来ているか確認も怠らない。

そういう走り方は滅多にしない。

ゆーには言えないけれど、肩とか腕に力が入ってしまい、宮ヶ瀬に着く頃は上半身がパンパンだ汗。

いつもの宮ヶ瀬の鳥居原園地、バイクは少ないかな?と思っていた。

けれど、ゆーと辿り着くとバイクの駐車スペースは多くのバイク乗りで賑わっている。

ほとんど満車。

園地内をぐるっとひと回りしたけれど、やっぱりGPZ900Rとグラストラッカーの2台を停めるスペースは見当たらない。

しかたない・・・。

ゆーの宮ヶ瀬、鳥居原園地バイクデビューだったけれど、仕方なく諦めて水の郷へと向かう。

こちらは駐車場が有料(バイクは100円)という事もあって、満車という事はない。

駐車場にGPZ900Rとグラストラッカーを停めて、ゆーと二人で水の郷商店街、宮ヶ瀬の湖畔を散策。

おなか空かない?

ううん、大丈夫。

なんか飲む?

あったかいの飲むと、途中でトイレに行きたくなるから。

そんな他愛のない親子の会話が続く・・・。

会話と会話の間に流れる空気。

それは明らかに家での会話にはない種類のものだ。

正直に言ってたいした話はしていない。

けれど、少なくとも親としての僕にとっては、貴重な時間だったと思う。

やっぱり宮ヶ瀬の湖畔はかなり寒い。

湖畔の階段に座り込んで、二人で話をしたのはわずかな時間はだった。

そろそろ・・・。

どちらからともなく、腰を上げてそれぞれのバイクに向かう。

時間にしたらわずかでも、僕にとってはかけがえのない時間になった。

次にゆーと親子ツーリングに行く事があるとしたら、きっと彼の成長を垣間見る事が出来るような気がする。

その日が来るのが楽しみで仕方ない。

アラフィフとうちゃん、住むならやっぱり座間がいいかな。

おすすめ記事一覧

-バイク, 座間
-,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.