アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

SUP

アラフィフとうちゃん、SUPのトレーニングにバランスディスクを取り入れる。

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

これ、バランスディスクなるもの。

またの名をバランスクッションとも言う。

この上に乗って体幹を鍛えるのがその目的。

SUPのトレーニングに何か良いものはないかと思って、ネットでググっていたらこれに辿り着いた。

アラフィフとうちゃん、本気でSUPを極めたいと思っている。

SUPの上達の鍵は体幹。

SUPを始める時、本当はその目的は釣りだったんだけどね・・・。

SUPで釣りをして、それだけじゃなくて時には立って乗る本来のSUPも純粋に楽しみたい。

そんな感じでアラフィフとうちゃんはSUPを始めた。

ボードの上に立たずに座ったままでパドルするのがSUPフィッシング。

SUPってやると分かるけれど座って乗るのと、その上に立つのとでは全然違う。

アラフィフとうちゃん、20年以上に渡りサーフィンをやっていた。

だからSUPを始める時、正直に言ってカンタンだろうとナメきっていた。

アラフィフとうちゃん、SUPデビューを果たす。

ところが・・・。

実際に始めると全然違う。

初めてSUPの上に立った時、サーフィンとは違うその不安定さに驚いた。

まあ、考えてみたらサーフィンとSUPは全然違うのだから当然っちゃ当然なのだけれども。

ある程度のスピードで波の上を走るサーフィン、板の上はそれなりに安定するもの。

一方でSUPはサーフィンほどスピードは出ないから安定感は低くて当然。

初めてSUPをした時、落水した回数は少ないものの、波だの風だのの影響を受けて不安定になる板に戸惑ったものだ。

こうなると俄然、SUPを極めたくなる。

沖に出て優雅に漕いでいるSUP上級者のようにアラフィフとうちゃんも早くなりたい。

波とか風で安定しないSUPを乗りこなすには、やっぱり体幹を鍛えるのが一番だ。

そんな事でSUPを上達するためにどんなトレーニングをしたら良いのか、ネットで調べていて辿り着いたのがバランスディスクだ。

ご覧の通り、バランスボールの座布団版みたいなもの。

この上に両足とか片足で乗っかると、おっとっととなる。

不安定な物の上で落ちないように堪えていると、必然的にインナーマッスルが鍛えられるという訳だ。

このバランスディスクがカインズで千円未満で売っているという。

これ、早速GETしない訳いかないでしょという事で、今日、グラストラッカーでえっちらと出掛けて買って来た。

実際にバランスディスクの上に乗ってみると・・・。

「?!」

あれ?、案外、簡単だ・・・。

でも、ずっと乗っているとやっぱりバランスを崩して落ちそうになる。

その時の不安定さは海の上と似てる気がする。

多分、この加減が良いのだろう。

これ、リモートワークの時にデスクの傍に置いておいて、スキマ時間を見つけてやるってのがいいね。

バランスディスクで体幹を鍛えていけば、SUPであんな沖まで・・・って所まできっと行けるようになる。

アラフィフとうちゃん、SUPに本気でマスターしようと思っている。

おすすめ記事一覧

-SUP
-

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.