アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

バイク 釣り

グラストラッカーで三段の滝下ワンドに行って来たよ。

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今日は在宅勤務に加え、11時始業のフレックスタイム。

朝4時に起きると身支度をして、グラストラッカーで三段の滝下に向かった。

三段の滝下に着くとこの間までは蝉が鳴いていたけれど、今日はコオロギなんかが鳴いている。

そろそろ、巻物ルアーの季節だね。

グラストラッカー、最高の釣行バイク

このグラストラッカーは、本当はかあちゃんのバイクなんだけどね。

この間、かあちゃんに最後に乗ったのいつ?と聞くと、あっさりと5年前と言われた。

そんな事で、もはや今では完全に僕のレジャーバイクと化している。

実際、このバイクはフットワークも軽いし、一方で250ccなのでいざとなれば高速も乗れてしまう。

釣りに行くには最高のバイク。

そんなグラストラッカーでいつもの三段の滝下ワンドに、午前5時半頃に到着。

夏も終わりだからか、あたりが明るくなるのも最近ではこの頃だ。

ワンドの横に軽自動車が一台停まっている。

僕がロッドとリールを出して準備をしていると、車の持ち主らしき人がやって来た。

バス釣りのタックルを持っている。

お互い、言葉は交わさず、その人は早々に車に乗り込み三段の滝下を後にしていた。

こんなに早い時間に帰るとは、釣れなかったんだろうかと思うと、ちょっと複雑な気持ちになる。

先客が帰ったおかげで、バサーは僕一人。

この間の休日に来た時は、大騒ぎしながらバス釣りをしているグループがいて辟易としていたけれど、今日はその真逆。

静かな中でルアーを投げるのって、マジで楽しいね。

しばらくルアーを投げていると、対岸から以前に聞いた事がある、ドボンドボンという音がする。

そう、何のためか、大きな石を抱えて相模川に投げ込んでるおじさんが、今日もここに来ていた。

何が彼にそうさせるのだろう??

前に彼を見かけた時に抱いたのと同じ疑問がまた、頭をよぎる。

僕はバス釣りをしてストレスを発散している。

彼は大きな石を相模川に放り込み、ストレスを発散しているのかもしれない。

まあ、人生っていろいろあるよね。

バス釣り@相模川とヘンなおじさん。

ジャッカルのTN50とダイワピーナツⅡ

この日のルアーはジャッカルのTN50とダイワピーナツⅡ。

ピーナツはSRで、その潜航レンジは1m。

この間、ここで3/8ozのスピナーベイトを使ったら、何度も根掛かりした。

多分、DR(潜航レンジ1.5m)だと、三段の滝の下ワンドではちょっと使いにくいかもしれない。

今朝は上着を着ないと少しひんやりとする。

もう気候はすっかり秋の雰囲気だ。

そろそろバスの活性も上がってくるだろうと、今朝は巻物のルアーで攻めた次第。

ワンドに支流が流れ込んでいる所で、ベイトフィッシュがバシャバシャとしている。

そこにTN50を投げ込むのだけれど、悲しいくらい反応がない。

それじゃあ、これはどうだと今度はピーナツⅡに付け替えてみるのだけれど、結果は同じ。

昨日、Twitterのフォロワーさんから僕のツイートの返事を頂いた。

三段の滝下ワンドでブラックバスを見た事がない、と。

僕は初めてここに来た時に、見えバスを何匹も見たんだけどね・・・。

猿ヶ島より人が少ないんで、ここに来てバス釣りをしている。

だけれど、ここもバスがスレているのか、それともそもそも居ないのか。

まあ、それでもこうやって仕事前に相模川に来て、ルアーを投げてるだけでも楽しいので、これでいいんだけどね。

おすすめ記事一覧

-バイク, 釣り
-,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.