アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

コラム 健康管理

コロナワクチン2回目接種、リストラとうちゃん完了。

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

先週、コロナワクチンの2回目を職場接種で完了した次第。

1回目の時はほとんど副反応は起こさなかったんだけどね・・・。

ところが2回目のワクチン接種では、これがマジでキツかった・・・。

コロナワクチン、1回目接種の副反応

リストラ寸前のとうちゃん、1回目のワクチン接種を行なったのは7月の事。

職場接種で受け、注入されたワクチンはモデルナ製。

接種前の医師面談で、動脈乖離と動脈瘤の既往症があると告げたら一瞬、先生の顔色が変わった。

あ、でも主治医にはワクチン、受けて良いって言われてますよ、と伝えると即OKに。

左腕に打ってもらったけれども、注射自体は全然、痛くなかったね。

子供の頃は注射と言えば、痛いものというイメージしかなかったけれど最近のは全然違う。

尤も動脈乖離、動脈瘤になってからというもの、どんな注射も全然平気になってしまったのだけれども笑

その日は夜から腕の痛みが出始めた。

って言うか、腕が痛くて上がらない。

寝ている時、寝返りを打つと肩が痛くなる。

これ、結構、痛い・・・。

この時はコロナワクチン、マジで大変だなと思っていた。

けれど後になって思えば、2回目の悶絶ぶりと比べれば1回目の副反応なんて、全然、へっちゃらなのにね・・・。

そんな肩の痛みは1日もしたら、何処かに行ってしまった。

とりあえず、1回目のワクチンを打った事で少しは抗体が出来たかなと思うとかなり安心する事が出来た。

でも我が家ではコロナワクチンを打ったのは僕だけ。

国家公務員のかあちゃん、職場ではワクチンのワの字もないらしい。

このままなら、職場接種じゃなくて自治体の接種で打つ方が早そうだ。

ゆーに関しては座間市のHPを見ると、全然、かすってもいないようだ。

これ、本当に政府が言っている目標って達成出来るのかね・・・??

コロナワクチン、2回目接種の副反応(初日)

あっという間に1ヶ月が経ち、2回目のワクチン接種の日。

2回目は1回目の時と比べると全然、スムーズ。

医師の問診もほとんどスルーしてワクチン接種もあっという間に終わった。

職場接種なので、少し休んだ後は自分の職場に戻った。

席に着くとまだ2回目を終えていない人達から、どうだった?と質問を受ける。

ワクチンを打ったのは午前中だったのだけれど、午後になってから少し体がだるい事に気付く。

夕方、熱を測ると体温計は37℃台を示している。

ああ、副反応が出始めたな・・・。

僕の会社は17:45が定時。

もうその頃はなんだか風邪をひいたような怠さに襲われていた。

キツそうな顔をして会社を出る時、周りの人にお大事に〜と声をかけられる。

会社から自宅までの帰り道。

なんだかどんどん体の怠さが増してくる。

家に着いて改めて体温を測ると38℃を超えていた。

副反応の出方、ちょっと聞いている話よりも早くね??

体温計の示している数字を見て、思わずそう言ったのだけれど、そこは個人差もあるだろうから仕方ない。

その日は早々に床に就いた。

床に就いたのは良いのだけれど、これが体の節々が痛くてこれが全然、寝られない。

ウトウトしては痛みで目が覚める。

結局、朝までこれの繰り返しだった。

コロナワクチン、2回目接種の副反応(2日目)

コロナワクチン、2回目を接種した翌日。

これがマジで酷かった・・・。

一応、会社では副反応に備えて接種の翌日は休んでいいという事になっている。

でも、生憎仕事が立て込んでいて僕はこの日、在宅勤務で仕事という羽目に。

ところがこれが全然、仕事にならない・・・。

テレワーク用に使っているデスクチェア、リクライニングする事が出来る。

完全に倒すとフラットになるので、送られてくるメールを横になりながらチェックしていた。

どうでも良いメールはスルーして、そうじゃないのは怠い体にムチを打って、そんな感じでなんとか仕事をこなす。

この日は部内のwebmeetingがあったのだけれど、もちろんカメラはOFFに笑

一時間置きくらいに体温をチェック。

熱は38℃台から40℃台を行ったり来たり。

それでも夕方近くになると熱も37℃台に落ちて来たので、ああ、これで副反応からも解放されると思っていた。

けれど、これが本当に甘かった・・・。

コロナワクチン、2回目接種の副反応(2日目の夜)

今思えば、2日目の夜が一番ツラかったかもしれない・・・。

熱が下がって来て、それはそれで安心したのだけれど、今度は胸の痛みが激しくなって来た。

動脈乖離、動脈瘤になってからと言うもの、胸とか腹部の痛みは日常茶飯事の事。

けれど、だんだんと増してくる痛みはいつもとちょっと違うものだった。

これ、コロナワクチンの副反応なのか、たまたま動脈乖離の痛みが今日は酷いだけなのか。

自分では全然、分からんかった・・・。

コロナワクチンを打って2日目の夜は、胸の痛みが酷くなって来たので早々に床に就いたのだけれど、やっぱり眠れない。

もう胸にナイフで刺されたような激痛が走る。

これ、コロナワクチンを打ってなかったら、救急で主治医の所に行っていたかもね。

だけど、コロナワクチンの副反応で医者の所に行くって、なんだか凄くカッコ悪いし・・・。

そんな事で我慢した。

結局、この日も痛みのせいで全然、眠れず。

朝になって少し落ち着いて来て、お昼にはやっと痛みから解放された。

リストラ寸前のとうちゃん、今年で52歳。

いやあ、マジでコロナワクチンの副反応ってキツいのか。

多分、コロナワクチンってこれからも定期的に打たないとダメなんだよね。

そう思うと、マジで気分が滅入って来てしまった・・・。

おすすめ記事一覧

-コラム, 健康管理
-,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.