アラフィフとうちゃん、仕事しないでバイク、自転車、釣り、SUP、キャンプなんかを楽しんでます♪

リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。

リストラとうちゃんの家計簿

携行品保険、入っててよかった・・・。

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

マジで泣きそうになった・・・。

相模川でバス釣りをしていた時の事。

いろいろ入っていたウエストバックのバックルが外れて、川に落ちた。

目の前で起きた事を、僕はしばらく受け入れられなかった。

気持ち的にはかなりの時間を経て、目の前で起きた事がどういう事か、理解できるようになったと思う。

いや、本当、どうしよう・・・。

ウエストバックの中身は・・・

幸い、ウエストバックにはスマホは入れていなかった。

自前のスマホだけでなく、会社のスマホまで落としてたら大変な事になっていたよ・・・。

それでも、ウエストバックに入っていた物を考えるとマジで痛すぎる。

  • カメラ(RICOH GRⅡ)
  • iPod touch
  • Air Pods Pro
  • SDカード(512GB)・・・

ウエストバックはMOTO Fizzのバイク用。

結構、大きなウエストバックなのでいろいろ入れていた。

それにしてもバイク用のウエストバックなのに、バックルが外れやすい構造というのは本当に困る。

バックも含めて損害額は16万円超。

リストラ寸前のとうちゃんにとっては大き過ぎるよ、マジで。

リカバリーするのに、クラウドワークス なんかで一生懸命、稼がないとダメだわと思ってしまった・・・。

携行品保険ってご存知?

一方で、僕は携行品保険というものに入っている。

この携行品保険、一言で表現すると身に付けて持ち歩いている物を壊した、盗まれたという時に保険金を払ってくれるというもの。

一応、自宅の中にある物ではなくて、家から持って出た物が対象という事。

今まで、この携行品保険にはいろいろとお世話になってきた。

三脚を立てて家族写真を撮っている時、風で煽られたカメラがそのまま横に倒れて壊れてしまった。

バイクに乗っていた時、熱いマフラーにライディングパンツが当たって熱で溶けてしまった。

もし、こういう損害を被った時、家計が破産する事はないけれど、お小遣いの出費という意味ではものすごく痛い。

だから携行品保険にはこれまで、幾度となく助けられたという訳だ。

これ、火災保険とかに特約で付けられるので、加入していない人は是非、入った方が良いと思う。

特に僕みたいにバイクだとか釣りだとか、いろいろ外に持ち出す事が多い人は絶対に役に立つはずだ。

携行品保険って、基本は家から持ち出した物を壊した、盗まれたという時に保険金がもらえる。

壊した、盗まれたという事じゃなくて、なくしたという場合は対象外なので注意が必要。

カメラが倒れて壊れた、ライディングパンツが溶けたというのはまさにこれに当たる訳だ。

で、今回の僕の場合は、ウエストバックを丸ごと川に落としたのだけれど、こういう場合も実は保険の対象になる。

物を二度と取りに行けないような所に落としたという事を、破損と同等に扱ってくれるのは本当に有難い。

そんな事で、保険会社に連絡をしたら保険金支払いの対象になるとの事で、とにかくホッとした次第だ。

おすすめ記事一覧

-リストラとうちゃんの家計簿
-,

Copyright© リストラ寸前のとうちゃんは人生を楽しむことにした。 , 2022 All Rights Reserved.